バッテリーの寿命はアプリによるバッテリー管理やメンテナンスで寿命を伸ばしたり復活させる事ができます。

実用性が向上したバッテリー管理アプリ

MENU

バッテリー管理アプリ

スマホを利用するうえで大きなネックになるのがバッテリー管理です。

 

スマホは従来のガラケーよりもバッテリーの消耗が大きく、便利なアプリがたくさんあるので、ついつい長時間使用してしまいます。

 

動画・音楽再生アプリなどを使えばあっという間にバッテリー切れになりますよね。

 

使用頻度が高ければバッテリーが1日もたないですし、しっかりバッテリーのメンテナンスをしてあげないと充電できる最大容量の消耗が大きくなり、バッテリー自体の寿命も短くなってしまいます。

 

そこでオススメしたいのがバッテリー管理アプリです。

 

バッテリー管理アプリを使用すれば、バッテリーの残量を細かく表示してくれます。

 

従来はこういったバッテリーの残量表示やスマホのメモリを軽くしたり、液晶の照明を細かく調整して電池の消耗を抑えるだけの機能が主流でしたがバッテリー管理アプリは日々進化を遂げていて最近のアプリは、バッテリーの残量をパーセンテージで数値化表示するだけではなく、通話をした場合や、ゲームをした場合のバッテリーの推定耐久時間を表示できる機能などが増え、バッテリーの充電を急速充電したり、メンテナンス充電を行う事ができます。

 

 

バッテリーは定期的にメンテナンスが必要

スマホのバッテリーは利用していくと徐々に最大容量が少なくなっていきます。

 

バッテリーの寿命は利用方法にもよりますが1年経過すると、新品時と比べてバッテリーのパフォーマンスは大きく低下して、状況によってはバッテリーを交換が必要になる場合もあります。

 

従来のガラケーに比べてスマホは電池も大型化されて高価な商品となりました。
スマホの機種によってはバッテリー交換が1万円前後もかかる場合もあります。

 

バッテリーを完璧に新品の状態を維持することは不可能ですが、寿命を引き伸ばしたり、劣化したバッテリー性能をリフレッシュさせて回復させる事も可能です。

 

100%充電イメージ

 

バッテリーリフレッシュの方法で最もポピュラーな方法が一度バッテリーの容量を空に近い状態まで使い切ってから100%まで充電するという方法があります。

 

1回だけでは効果は少ないですが、複数回繰り返すと劣化したバッテリーでもいくらか性能が復活したことを実感できます。

 

こういったリフレッシュの為のフルサイクル充電を自動で行ってくれるアプリが人気を呼んでいます。

 

 

おすすめのバッテリー充電アプリ

 

バッテリードクター

上記で紹介したフルサイクル充電をアプリで自動で行ってくれます。

 

利用方法は簡単でバッテリーを20%以下まで使用したらアプリを起動して充電するだけで最適なフルサイクル充電を開始してくれます。

 

普段の充電では過充電にならないように80%で充電をセーブしてくれる機能やバッテリー残量が少なくなると自動的に節電モードに移行してバッテリーが完全になくなるタイミングを遅くしてくれる機能があります。

 

メモリ最適化など、バッテリー管理に必要な機能がほとんど全て揃っていてバッテリーアプリは数多くありますが、その中でも強くオススメできるアプリがバッテリードクター(BetteryDr)です。